2017.08.17[Thu] 11:00

<今夜、151回目の放送です!>

毎週木曜日、夜9時から放送の「深町健二郎のオトナマチアソビ」
深町健二郎が各界で活躍されている方の
カッコいいオトナのライフスタイルに迫ります。

今週から2週に渡ってお迎えするのは、
映画監督の原田 眞人(はらだ・まさと)さんです。

8月26日から公開となる、
岡田准一さん、役所広司さん、有村架純さん出演作
「関ヶ原」のメガホンをとった原田さんは、
幼少のころから映画に親しみ、
自然と映画制作に対する憧れを抱いていったといいます。
その熱意から、進んでいった道も当時の一般的なルートとは
一風変わったものだったようです。

もちろん、作品作りに対するその熱意は相当のもの。
最新作「関ヶ原」について語る原田さんの内からは、
映画作りへの静かな情熱が溢れています。

今週は、そんな原田さんのこれまでの映画人生はもちろん、
最新作「関ヶ原」の制作秘話についてもフカボリしていきます。
お楽しみに。

また、この番組の完全版はポッドキャストでも配信中です。
どうしても聞けない…という方は、こちらでお楽しみ下さい。
ポッドキャストの更新は、明日(8月18日)となっています。


●ポッドキャストページはこちら

2017.08.10[Thu] 11:00

<今夜、150回目の放送です!>

毎週木曜日、夜9時から放送の「深町健二郎のオトナマチアソビ」。
深町健二郎が各界で活躍されている方の
カッコいいオトナのライフスタイルに迫りますので
今夜も是非聞いて下さい!!

先週に引き続きアソビに来ていただいたのは、
株式会社TABI LABO代表取締役の
久志 尚太郎(くし・しょうたろう)さんです。

世界中で起こっている面白いことや人々の暮らしなどを伝える
Webメディア「TABI LABO」を運営するなど、
多岐にわたる活動を展開している久志さんにとって
「アソビ」は「仕事」のヒントにもなる、
切っても切れない存在のようです。

次から次に「アソビ」へのこだわりが湧いて出てくる久志さん。
その話は尽きることがありません。

今回は、そんな久志さんの「アソビ」について、
たっぷり「フカボリ」していきます。
中でもアツく語ってくれたもののひとつは・・・?
ヒントは「サ道」です!
お楽しみに。

また、この番組の完全版はポッドキャストでも配信中です。
どうしても聞けない…という方は、こちらでお楽しみ下さい。
ポッドキャストの更新は明日(8月11日)となっています。

●ポッドキャストページはこちら

2017.08.03[Thu] 11:00

<今夜、149回目の放送です!>

毎週木曜日、夜9時から放送の「深町健二郎のオトナマチアソビ」。
深町健二郎が各界で活躍されている方のカッコいいオトナのライフスタイルに迫ります。

今週から2週に渡ってお迎えするのは、
株式会社TABI LABO代表取締役の 久志 尚太郎(くし・しょうたろう)さんです。

世界中で起こっている面白いことや人々の暮らしなどを伝える
Webメディア「TABI LABO」を2014年に立ち上げた久志さん。
現在ではWebメディアとしての「TABI LABO」の運営だけにとどまらず、
その活動は多岐にわたります。

その活動の源、原点は、2年間の世界旅行を含めた数多くの経験に基づいているそうです。

今週は、そんな久志さんのクリエイションの「原点」、「源流」について、
じっくりと「フカボリ」していきます。
お楽しみに。

また、この番組の完全版はポッドキャストでも配信中です。
どうしても聞けない…という方は、こちらでお楽しみ下さい。
ポッドキャストの更新は明日(8月4日)となっています。

●ポッドキャストページはこちら

2017.07.27[Thu] 11:00

<今夜、148回目の放送です!>

毎週木曜日、夜9時から放送の「深町健二郎のオトナマチアソビ」。
深町健二郎が各界で活躍されている方の
カッコいいオトナのライフスタイルに迫りますので
今夜も是非聞いて下さい!!

先週に引き続きアソビに来ていただいたのは、
京都造形芸術大学・教授で現代美術作家のヤノベケンジさんです。

先日オープンした博多区のホステル「WeBASE博多」の
巨大彫刻「SHIP’sCAT」を手掛けたヤノベさん。
その作品群からは、一貫した「メッセージ性」、
そして「ユーモア=アソビ心」を感じ取ることができます。

そんなヤノベさんは、様々なエンターテインメントの
「エキスパート」ともコラボして作品を作り出しています。
もちろんその制作過程から完成まで、
全てが「アソビ心」に満ち溢れています。

今回は、ヤノベさんが作品に込めた「アソビ心」、
さらには、ヤノベさんが描く今後の「壮大な野望」について
「フカボリ」していきます。
お楽しみに。


また、この番組の完全版はポッドキャストでも配信中です。
どうしても聞けない…という方は、こちらでお楽しみ下さい。
ポッドキャストの更新は明日(7月28日)となっています。

2017.07.20[Thu] 11:00

<今夜、147回目の放送です!>


毎週木曜日、夜9時から放送の
「深町健二郎のオトナマチアソビ」。
深町健二郎が各界で活躍されている方の
カッコいいオトナのライフスタイルに迫ります。

今週から2週に渡ってお迎えするのは、
京都造形芸術大学・教授で現代美術作家のヤノベケンジさんです。

7月14日に、福岡市博多区・店屋町にオープンした
新しいホステル「WeBASE博多」。
その入り口で旅人をお出迎えしてくれる高さ3m以上の
大きなネコの彫刻「SHIP’sCAT」を手掛けたのが、
世界的にも高い評価を獲得しているヤノベさん。

さまざまなメッセージを託したアート作品を
世に送り出しているヤノベさんですが、
その創作の「原点」「原体験」は、
ある「意外なもの」からの「意外な発想」。
まさに、ヤノベさんの「礎」になっているものでした。

今週は、そんなヤノベさんが手がけた
「SHIP’sCAT」について、
そして「創作活動に対するこだわり」について、
じっくりと「フカボリ」していきます。
お楽しみに。


また、この番組の完全版はポッドキャストでも配信中です。
どうしても聞けない…という方は、こちらでお楽しみ下さい。
ポッドキャストの更新は明日(7月21日)となっています。

2017.07.13[Thu] 11:00

<今夜、146回目の放送です!>

毎週木曜日、夜9時から放送の「深町健二郎のオトナマチアソビ」。
深町健二郎が各界で活躍されている方の
カッコいいオトナのライフスタイルに迫りますので
今夜も是非聞いて下さい!!

「博多祇園山笠」もクライマックスの「追い山笠」に向けて
高まりを見せている中・・・
先週に引き続きアソビに来ていただいたのは、
にわかせんぺい本舗「東雲堂」の営業本部長、高木雄三さんです。

今から100年以上前、博多駅の駅長から「博多らしいお土産を」という
リクエストを受けて「二○加煎餅」を考案した東雲堂。
そんな老舗を近い将来継ぐこととなる高木さんにとって
切っても切れない「アソビ」以上の存在が、「博多祇園山笠」。

小さい頃からごく当たり前のように
「博多祇園山笠」に関わってきたという高木さん。
「自分は“山のぼせ”ではないです」と謙遜しつつも、
言葉の端々に山笠への「愛着」がにじみ出ています。

今回はそんな高木さんにとっての「博多祇園山笠」、
さらには、高木さんが描く今後の「東雲堂のビジョン」について
「フカボリ」していきます。
お楽しみに。

また、この番組の完全版はポッドキャストでも配信中です。
どうしても聞けない…という方は、こちらでお楽しみ下さい。
ポッドキャストの更新は明日(7月14日)となっています。

▼ポッドキャストはこちらをクリック▼

  深町健二郎のオトナマチアソビ

2017.07.06[Thu] 11:00

<今夜、145回目の放送です!>

毎週木曜日、夜9時から放送の「深町健二郎のオトナマチアソビ」。
深町健二郎が各界で活躍されている方の
カッコいいオトナのライフスタイルに迫ります。

博多の町が「博多祇園山笠」一色となる中、
今週から2週に渡ってお迎えするのは、
にわかせんぺい本舗「東雲堂」の営業本部長、高木雄三さんです。

博多のお土産として、実に100年以上も人々から愛され続ける
銘菓「二○加煎餅」を作っているのが「東雲堂」。
20年近く前、サラリーマンをしていた高木さんは
父でもある四代目の急逝により、福岡に戻り、
家業の「東雲堂」を継ぐ決心をします。

100年以上、変わらぬ味をお客さんに届ける「伝統」を
受け継ごうと奮闘する高木さん。
同時に、現代の「お客さんのニーズ」に応えるべく
画期的なコラボレーションなどで
様々な「革新のカタチ」を模索しています。

今週は、そんな高木さんが取り組む「伝統の継承」、
そして「革新」について、じっくりと「フカボリ」していきます。
お楽しみに。


また、この番組の完全版はポッドキャストでも配信中です。
どうしても聞けない…という方は、こちらでお楽しみ下さい。
ポッドキャストの更新は、明日(7月7日)となっています。

▼ポッドキャストはこちらをクリック▼

  深町健二郎のオトナマチアソビ

2017.06.29[Thu] 11:00

<今夜、144回目の放送です!>


毎週木曜日、夜9時から放送の「深町健二郎のオトナマチアソビ」。
深町健二郎が各界で活躍されている方の
カッコいいオトナのライフスタイルに迫りますので
今夜も是非聞いて下さい!!

先週に引き続き、アソビに来ていただいたのは、
福岡市中央区にありますレコード店「JUKE RECORDS」と、
ミュージックバー「JUKE JOINT」オーナーの松本 康さんです。

福岡の音楽シーン「最重要人物」の一人でもある松本さん。
40年にわたって「JUKE RECORDS」から
様々な音楽を提案してきただけあって、その知識量はハンパではありません。
そんな松本さんの最近の「アソビ」に関しても、
その膨大な知識量や奥深さが垣間見えるようなものでした。
しかも、その「楽しみ方」が、また松本さんらしい、と言いますか・・・

さらには「アソビ」だけではなく
「JUKE RECORDS」の「これから」についても
語ってくれた松本さん。

アソビをはじめ、様々な角度から松本さんを「フカボリ」していきます。
どうぞお楽しみに。

また、この番組の完全版はポッドキャストでも配信中です。
どうしても聞けない…という方は、こちらでお楽しみ下さい。
ポッドキャストの更新は明日(6月30日)となっています。

▼ポッドキャストはこちらをクリック▼

  深町健二郎のオトナマチアソビ

2017.06.22[Thu] 11:00

<今夜、143回目の放送です!>


毎週木曜日、夜9時から放送の「深町健二郎のオトナマチアソビ」。
深町健二郎が各界で活躍されている方の
カッコいいオトナのライフスタイルに迫ります。

今週から2週に渡ってお迎えするのは、
福岡市中央区にありますレコード店「JUKE RECORDS」と、
ミュージックバー「JUKE JOINT」オーナーの松本 康さんです。

福岡の音楽シーンを語る上で欠かすことのできない
「最重要人物」の一人でもある松本さん。
天神に「JUKE RECORDS」を構えたのが、
今からちょうど40年前のことです。
ただ、その「開店のキッカケ」についてご存知の方は
それほど多くないのではないでしょうか??

当時から変わらぬ真摯な姿勢と旺盛な好奇心で音楽と向き合い、
そして福岡のシーンを見守ってきた松本さんですが、
最近は新たにミュージックバー「JUKE JOINT」で
「驚き」の活動も行っているようです。

その「活動」とは一体何なのか?
今週は、そんな松本さんの「音楽への姿勢」から「新機軸」まで
幅広く「フカボリ」していきます。
お楽しみに。

また、この番組の完全版はポッドキャストでも配信中です。
どうしても聞けない…という方は、こちらでお楽しみ下さい。
ポッドキャストの更新は明日(6月23日)となっています。

▼ポッドキャストはこちらをクリック▼

  深町健二郎のオトナマチアソビ



2017.06.15[Thu] 11:00

今夜、142回目の放送です!

毎週木曜日、夜9時から放送の「深町健二郎のオトナマチアソビ」。
深町健二郎が各界で活躍されている方のカッコいいオトナのライフスタイルに迫りますので今夜も是非聞いて下さい!!

先週に引き続き、アソビに来ていただいたのは、久留米市にある「那珈乃珈琲店」マスターの中野耕輔さんです。

高校生の頃コーヒーの魅力に目覚めて以来、「那珈乃珈琲店」の営業も含めて実に半世紀以上もコーヒーと共に人生を歩んできた中野さんですが、「アソビ」の面ではまた違った、アクティブで、かつ多彩な一面を持ち合わせているようです。
今週はそんな中野さんの「アソビ」を「フカボリ」していきます。

そして、お店の営業も50年という節目が見えてきた中、中野さんは「ある決断」を選択します。

御年77歳の中野さんが、その「決断」と、「これからのビジョン」についても語ってくれます。
「那珈乃珈琲店」のファンならずとも「驚き」の30分。お楽しみに!

また、この番組の完全版はポッドキャストでも配信中です。
どうしても聞けない…という方は、こちらでお楽しみ下さい。
ポッドキャストの更新は明日(6月16日)となっています。
http://lovefm.co.jp/fk_otona/blogs/podcast

DJ紹介

  • 深町健二郎
  • Kenjiro Fukamachi
  • 福岡市出身。イベントプロデューサー、ミュージシャン。
    1989年にKBCのテレビ番組「ドォーモ」のコメンテーターに就任。
    以降、タレントとしても活動する傍ら、音楽を通して福岡を盛り上げるさまざまな企画を展開。
    先日、糸島市の芥屋海水浴場行われたサンセットライブではプロデューサーを務め、イベントを成功に導く。

    誕生日:1961年12月22日
    出身地:福岡県福岡市
    オフィシャルブログ:深町健二郎のブログ

番組ページへ

リクエスト&メッセージ