ブログ

月別記事一覧

ポッドキャスト

ポッドキャスト RSS

  • こちらヨーロッパ企画福岡支部ポッドキャスト
  • RSS
  • 京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画による「こちらヨーロッパ企画福岡支部」が、ポッドキャストで復活!リスナーの皆さまからのメッセージという名の署名活動で本放送復活を目指します。メッセージはtwitterアカウント:@kochiyoroへリプライもしくはDMで受付中です!

    [ヨーロッパ企画HP] http://www.europe-kikaku.com/

コラボ!こちヨロ報告書!

2015.06.15[Mon] 00:00

どうも。こちヨロ放送作家の団長です。

 

今回のトピックはもちろん……LOVEFMが誇る二大人気番組!自分で言っちゃうこちヨロチームと本当に人気番組NATURAL DRIVIN’チームのコラボレーションですね!

 

イシダカクテルでのコラボと相成ったわけですが……いかがでしたでしょうか。結局のところラジオのパーソナリティはみんなラジオ愛がすごくて「昔こういうコラボみたいな企画ラジオとかであったじゃないですか!」「ああ、ああおいうのたまりませんよねぇ」的な会話が石田剛太、佐藤ともやすさん、宮Dからずーっと止まらず、僕はそれを見ながら「ああ、この人たちは本当にラジオ好きなんだなあ。とり皮美味いなあ」と鳥の皮を食いながらニコニコしてました。

 

写真は、糞ほどチャらい、コラボのときの熱さは微塵も感じないスペインフェスタにDJしにいってきまーすと西日本一軽い部分を見せ付けにきた宮D。

さて。そんなこんなで、今回はコラボカクテルの締めなので宮Dが気合入りまくりだと思う宮Dの締めの一杯!

 

似てない僕ら After Story 締めの1杯

--------------------------------------------------------

彼女から、その後、連絡はなかった。

僕からも改めて連絡を取ることはなかった。

そして、僕は信じた。

あのメッセージが彼女のもとに届いていることを。

DJ:『似てない彼女さん。わかると思いますのでね、今夜7時ピザ屋に行ってください。幸運を祈ります』

人生初、ラジオでメッセージが読まれた。

数秒の出来事だったが、聞いている僕が緊張した。

僕の文章が、僕のものではない気がした。

美声とともに、熱いコメントが僕の背中を後押しする。

何度も、何度も、心の中でDJのコメントが響く。

DJ:『幸運を祈ります』

僕は少し早めにお店にたどり着いた。

果たして彼女のもとへメッセージは届いているのだろうか。

彼女はあらわれてくれるのだろうか。

僕がスマホの画面をのぞいていると、左後ろから声をかけられた。

女性「あの曲、なんて曲?」

声のする方向へ振り返ると、そこに彼女は立っていた。

男性「Sam CookeのBring It On Home To Meって曲だよ」

彼女は頷きスマホで曲名を検索しながら、僕の横に座った。

女性「それで?」

男性「それでって?」

女性「だから、なんで怒っているかわかってんの?」

男性「ごめん」

女性「だ、か、ら…」

彼女の声は明らかに不機嫌だった。

ただ、彼女の目は僕の心を読み取っていたのか、穏やかな目をしていた。

僕が彼女を怒らせてしまった理由。

それは、彼女との約束だった。

彼女は記念日を大切にするタイプで、僕は日々の暮らしの中で彼女と一緒に過ごす時間を大切にするタイプ。

彼女の言っていることもわからなくないけれど、平凡な毎日があってこそ。

5回目の付き合い記念日。

彼女はもちろんのこと、僕も覚えていた。

ただ、その日、急遽仕事が立てこみ、約束が守れなかった。

彼女はお店を予約し、ずっと待っていた。

どうしても連絡が取れない。

はじめは不満だったようだが、連絡が取れない状況に、次第に彼女は不安を抱いた。

もしかして何かあったのでは…。

僕が連絡した時には、彼女は店をあとにし、僕の家にいた。

すぐに謝っていればと今さながら思うのだが、こちらも急な状況に気持ちが高ぶっていた。

いつもなら、彼女の話を聞くのが好きな僕だが、この夜だけは少し違った。

女性「あなたの言ってることは分からない!」

それから今日にいたるまで、彼女と連絡を取り合うことはなかった。

男性「改めて、ごめんなさい。あの日は、少しストレスを感じていて」

女性「どんだけ待っていたか知ってるの?」

彼女の声から不機嫌さはなくなっていた。

女性「さ~て、今夜はたーくさん飲んで、食べちゃうからね」

男性「お付き合いしましょう」

ひと月遅れの乾杯。

似てない僕は、似てない彼女さんの話を楽しんだ。

--------------------------------------------------------

 

これはねえ、本編のカクテルでは語られなかった部分をちゃんと補完するという、まさにアフターストーリーとして仕上がってる締めの一杯ですよ。こういう形で発表する意味のあるね。色んな想像をしていて、ああなるほど、こういうことだったのかと。いいですねえ。思ったよりもすれ違いレベルは高かったけど。

 

でもよ、これなんやろ。普通のええ話になってるやん!なにこれ!ただのいいベリーショートの読み物なってるやん!カクテルちゃうでこれ。石田宮Dの短編小説やん。

 

 

あんたら何になるつもりや!僕を置いていかないで!

DJ紹介

  • 石田剛太 (ヨーロッパ企画)
  • Gouta Ishida (Europe-Kikaku)
  • いしだ ごうた
    1979年6月3日生まれ、愛媛県出身
    俳優/ラジオパーソナリティ
    趣味/写真・ラジオ鑑賞
    特技/バレーボール

    99年、第2回公演よりヨーロッパ企画に参加。以降、ほぼ全本公演に出演。
    多数の外部出演にくわえ、イベントでのMCや、ラジオパーソナリティとしての活動も多い。
    また、「ヨーロッパ企画の暗い旅」などのバラエティでも活躍。

番組ページへ

リクエスト&メッセージ