2016年04月

2016.04.20[Wed] 15:00

皆さんこんばんは。お元気ですか?こちヨロ構成作家の団長です。

 

楽しい現場なんです。こちヨロは。本当に。でも宮Dと僕は多分パーソナリティにめちゃくちゃ厳しいです。いや、御幣がありますね。石田剛谷厳しいです。

 

でもそれは獅子的なやつです。わが子を谷へ……的なやつ。まあ石田さんは先輩ですけど。

 

愛ゆえに、と言っておきましょう!

さて、と。きちまったぜ…この時間が…。

 

宮Dの締めの一杯!

 

宮Dも年上だし、リスペクトしてるけどあえて言わせて貰うよ。

 

こいつ、狂ってやがる……!!!!!

 

活目すべし!

 

寒がりの彼女
【本編おさらい】
東京と福岡。遠距離のふたり。
3月初旬の休みを利用して、彼女は彼のいる福岡へやって来た。
暦の上では春だが、まだまだ肌寒い日々。
桜の木々も、春を待つ中、彼の前にはモコモコの黒いコートに身を包んだ彼女の姿があらわれた。
ランチで一緒に入ったレストラン。
コートを脱いだ彼女が着ていたのは、桜色の花柄のワンピースだった。

《イシダカクテル 締めの1杯~After Story~》
男性「そのワンピース」
女性「見てもらいたくて、今日着てみたの。どう?」
男性「お似合いだよ」
僕は気の利いたオトコじゃない。
つくづくそう思うことがある。

昨年のクリスマスがそうだった。
女性「ホント、惜しいよね」
男性「何が?」
女性「遠距離だから会いたいとかって、言ってくれるのは嬉しんだけど…」
男性「嬉しいけど…」
女性「不満じゃないけど…ねぇ、ほら」
彼女は前髪の形を変えていた。
僕はそれに気づくことはなかった。
僕から言わせると、久しぶりに会ったのだから、少しの変化くらいあっても、それが普通と思っていた。
だけど、彼女にとって、それは違った。
女性「初めてなの、こんな前髪にしてみたのが」
男性「そうだったんだ」
女性「そうだったの!」
彼女は怒るまでもなかったが、機嫌が良いとは言えなかった。

それから、数ヶ月。

いま僕の前にいる彼女は、眩いばかりの桜色のワンピースを着ていた。
女性「初めてかも、褒められたこと」
男性「そんなことないだろ?」
女性「そんなこと…あるでしょ?」
彼女が持ってきてくれた一足早い春。
僕らの関係にも次の春が訪れようとしていた。

 

 

次の春ってなによ!ねえ!宮D!くぅぅ!

 

パンチラインですね、次の春。

2016.04.12[Tue] 00:00

どうも。こちヨロ構成作家の団長です。

 

春めいたなぁと思ってたらめちゃくちゃ寒くなったりしてもうパニックになりますね。と書きながら、だいたい毎年こんなことを言ってるので平常なんでしょうね、これが。そして石田さんのオープニングトークが常に横滑りトークをするのも平常です。ごりっごりの平常です。

 

実は今シーズンから石田さんのトークが長くなってるのにお気づきですか?

 

トークというか、コーナーを今までより一つ減らしてパーソナリティ力を見せ付けようぜ!ってな具合で宮DのGOサインのもと石田剛太のトークを多めにしてるんですが……まあ今のところは上手くいってるかな。ちょっとでもボロを出したら、肘でこめかみを打ち抜いてやろうと思ってます。西日本一パーソナリティに厳しい構成作家に僕はなる!

 

写真は、某うどん屋でうどんが来るのを楽しみにしてる石田剛太です。骸骨みたいになってますね。もっと福岡でうどんを食べて太ってもらいたい!

さて。

 

正直、このブログは放送後記としてはじめたのですが……そんなことはもうどうでもよくて。

 

実際、これのためにやってるんだぞってことですよ。

 

お待たせしました!東南アジアの三万人の宮Dファンの皆様!

 

宮Dの締めの一杯!

 

今回はなんと本編おさらいまでつけてくれたぞ!宮D、あんた死ぬほど忙しいのに…。6つ子ですか?

 

恋の脱出

【本編おさらい】
リアル脱出ゲーム、アジトオブスクラップ博多で行われている「あるラジオ放送局から脱出」に見知らぬ男女が、イベントを通じて知り合いとなった。ゲームを楽しんだふたりは、その流れで男の行きつけのBARでワインをあけ、今宵のゲームに、そして、出会いに乾杯するのであった。

《イシダカクテル 締めの1杯~After Story~》
ワインをあけたふたりが今宵選んだ締めの1杯はビール。

女性「この泡、いくつあると思う?」
男性「泡の数を聞かれるなんて、初めてだよ」
女性「うふふ」

彼はグラスまで目線を落とし、泡の数を数え始めた。
そんな彼の姿を彼女は椅子に深く腰掛け、まるで包み込むように見つめた。

女性「わかった?」
男性「え~っと」

その瞬間、彼女は彼のグラスを手に取り、一口グラスに口づけした。

男性「もぉ、せっかく数えていたのに…」
女性「これで、最初から数え直しね」

そう答えると、彼女は彼の肩に手を置きつぶやいた。
女性「今夜は、数え終わるまで帰れないからね」

彼は一瞬、彼女の言葉に戸惑うも、何かに閃いた様子で、こう続けた。
男性「あぁ、もちろん。今夜の謎は、まだ終わらせないよ」
女性「今夜の謎?」
男性「そう、君という答えにたどり着くまでは」

酔いしれるふたり。
答えのない答えへと導かれるふたり。
そんなふたりのグラスに、マスターはトマトジュースを少し入れた。

マスター「君たちの目も充血している。今宵の謎はここまでだ」
閉店へと向かうバーカウンター。
店内のビーアーグラスの泡が静かに消えた。

 

 

ちょwwマスターww

 

っていうか、宮D腕上げた?チャラDからチャラ文筆家になろうとしてる?この半年間、ただただ仕事に忙殺されてたわけじゃなさそうだな。宮D…。

 

ちなみに、今回の締めの一杯で僕のお気に入りの一節は

 

女性「この泡、いくつあると思う?」
男性「泡の数を聞かれるなんて、初めてだよ」
女性「うふふ」

彼はグラスまで目線を落とし、泡の数を数え始めた。

 

です!

 

こんな冒頭があるかよ。あっぱれ!

2016.04.03[Sun] 18:00

福岡のみなさん、お久しぶりです!

 

こちらヨーロッパ企画福岡支部、略してこちヨロの構成作家をやっております団長でございます!

 

こちヨロ、ついに第四シーズン開幕です!やったあ!福岡でラジオ番組を始めてから四年目突入ということです。まあ秋には一応毎年最終回を迎えてはいるので半年はさよならバイバイ元気でいてね状態なのですが。

 

それでも素晴らしい!パーソナリティの石田さんもなんとなく調子に乗ってます。四年目のパーソナリティ感を出そうとしております。大丈夫ですよ。僕が往復ビンタしておきますからね。

 

僕としては、毎週石田さんとこちヨロのポッドキャストを録ってますのでずーっとやってる感じではあるのですが、みなさんもこれからは毎週土曜日22時半からはこちヨロをよろしくお願いします!

第四シーズンもこちヨロガールズとして番組アシスタントをやってくれます、田崎小春です。華を添えてくれますねえ。もう一人いるんですが、来月までお預け。ふふふ。

 

写真の小春さん、少し寒かったのですかねえ。しかし心はホットです。なぜなら…

 

今回から「イシダカクテル」のコーナーに提供がついたのです!わーお!ラジオっぽい!いやゴリゴリにラジオだったのですけど!今回からぴあさんと一緒に作っていきますよ!

 

チケットぴあの情報力を駆使してその月おすすめのイベントなどをイシダカクテルにぶちこみコラボする感じです!

 

ですが、石田さんがもろもろ勘違いしてイシダカクテルがイシダコビテルにならないように見張っていくつもりです。

 

とにもかくにも感謝!感謝ですよ!ぴあ!チケットぴあ取り扱いしてもらってますからね、僕の劇団も。

 

そんなこんなでレベルアップしたこちヨロをよろしくお願いします!今年もぶち上げていきましょう!

 

毎週ブログを上げていくのでこちらも楽しみにしてくれるとうれしいですー。

テキストが入ります。

テキストが入ります。

<< previous next >>

DJ紹介

  • 石田剛太 (ヨーロッパ企画)
  • Gouta Ishida (Europe-Kikaku)
  • いしだ ごうた
    1979年6月3日生まれ、愛媛県出身
    俳優/ラジオパーソナリティ
    趣味/写真・ラジオ鑑賞
    特技/バレーボール

    99年、第2回公演よりヨーロッパ企画に参加。以降、ほぼ全本公演に出演。
    多数の外部出演にくわえ、イベントでのMCや、ラジオパーソナリティとしての活動も多い。
    また、「ヨーロッパ企画の暗い旅」「アグレッシブですけど、何か?」などのバラエティでも活躍。

リクエスト&メッセージ