ブログ

月別記事一覧

ポッドキャスト

ポッドキャスト RSS

  • こちらヨーロッパ企画福岡支部ポッドキャスト
  • RSS
  • 京都を拠点に活動する劇団・ヨーロッパ企画による「こちらヨーロッパ企画福岡支部」が、ポッドキャストで復活!リスナーの皆さまからのメッセージという名の署名活動で本放送復活を目指します。メッセージはtwitterアカウント:@kochiyoroへリプライもしくはDMで受付中です!

    [ヨーロッパ企画HP] http://www.europe-kikaku.com/

2014.07.26[Sat] 00:00

お久しぶりです。構成作家の団長です。だいぶんご無沙汰しておりました…。申し訳ない。どんどん報告が溜まっていくことにより、何から手を付けていいのかわからない状態という一番やっかいな心の病気って簡単に言ってしまいたくなるけど実際は焦りまくって変な感じになってるだけっていう0点の状態でした。

 

宮Dの優しさにより、また復活します。ほんと、足向けて寝られへんで。宮D。

んもう色んな報告がありますけれども、とにもかくにも夏真っ盛りだし、ヨーロッパ企画本公演に向けて世界は走り出しているってことなんです。何と言ったところでヨーロッパ企画の福岡公演を盛り上げるぜ!ってのがこのラジオの初期衝動であって、カクテルで酔っぱらうのは二次三次的な楽しみ方のはず。

 

でもあえて言おう。締めの一杯楽しみだと。

ってことで、締めの一杯です。

 

今回は宮Dカクテルだったので、締めの一杯を石田さんが書くというやばいやつです。

 

「おしゃべりマスター」締めの一杯

デートの次の日、私は早速マスターにデートの報告に行った

マスター 「どうだった?」

お店に入ったとたん、私が何も話す前から兄のようにやさしくマスターは聞いてきた

私 「ドライブで海に行ったの。その間の選曲は全部彼がしてくれた」

マスター 「そりゃよかった!楽しかったかい?」

私 「ええ、とっても。エクストリームの「モア・ザン・ワーズ」も流れたわ」

マスター 「センスのいいやつだ。まあお前が好きになった男だ。間違いないね」

マスターは自分のことを褒めるように、彼と私を褒めてくれた。

私 「ねえ、まだ注文言ってないんだけど」

マスター 「おお、そうだった。ジントニックだろ?」

私 「サイドカーにしようかな」

マスター 「ふふ、いっちょまえに(笑)」

それからマスターは自分の初デートの思い出を私にずっと聞かせた。

私はもう何度も聞いた話だったのだけど。

ひと通り話し終えるとマスターは私に言った。

マスター 「こんどその彼をこの店に連れておいで」

私 「…うーん」

マスター 「どうした?」

私 「それはまだやめとく」

マスター 「どうして?」

私 「…なんとなく、やめとくよ」

マスターは少し不思議な顔をしていた。

彼の性格がマスターにそっくりってこと、マスターにばれるのが、

私は少し恥ずかしいから、彼をこの店に連れてくるのは、やめておくことにしたんだった。

おわり

 

 

まあ、今までちょっと報告サボりまくってた僕があえてそんなん関係あらへんってなもんで言わせてもらうとですねえ。

 

石田さん。本編より気合入りすぎ。どうやらこちヨロのDとパーソナリティは妄想お化けのようです。

 

まったね!

2014.07.23[Wed] 20:30

番組ディレクターの宮Dです。

【こちヨロ夏休みの宿題~のびきってしまった 締めの1杯たち】...今回は7月オンエア分に属する締めの1杯たちを、一気出し!!

 

■イシダカクテル締めの1杯とは...

 本放送で人気のコーナーのラジオドラマ【イシダカクテル】

そんなコーナーを編集するディレクターが勝手に本編の続編を妄想してしまうといったブログオリジナルのコーナー(短編恋バナ)です。

最近は、本編がわからなくても、この締めの1杯だけでも、楽しんでいただけるようにしております。

 

7月のイシダカクテルのテーマは「デート」

7月17日 福岡でのイベント時の様子

やさしくありたい After Story 締めの1杯(7月3日オンエア)

アサガオが今年も我が家の玄関に咲き始めた。

女性「ねぇ、見て。花が咲いたわ」

淹れたてのコーヒーの香りが漂うリビングに妻の声が響く。

娘「わぁ、きれい。来て、来てパパ」

娘の声に誘われ、僕は玄関へと向かった。

男性「今年も立派に咲いたね」

女性「ねぇ、あなた覚えてる?あの時のアサガオ」

男性「もちろんだよ。あの時のアサガオの花がとてもきれいで。。。確か。。。」

僕はアルバムへと向かい、あの時のアサガオの写真を探す。

男性「あれ~、どこにいったのかなぁ?このあたりにあったと思うんだけど」

娘「早く、早く」

僕が写真を探すそばで、娘は今か今かと待ちわびる。

女性「ねぇ、今週末、あのアサガオを見に行かない?」

娘「行きたい、行きたい」

娘のはしゃぐ声に、僕らは今週末の予定を決めた。

男性「あった、この写真だ」

女性「今度は、しっかりとガソリンを入れてからね」

男性「ああ、そうだね」

あの夏以来、我が家の玄関先で咲くアサガオは、今年もしっかりと支柱にツルを絡ませ、短い夏の知らせを届けてくれた。

>> 続きを読む

2014.07.23[Wed] 20:05

番組ディレクター、宮Dです。

 

番組ブログをひさびさ更新です。

今回は、6月12日オンエアから7月17日の放送まで、スタッフ間のみで随時更新されていた「イシダカクテル締めの1杯」を、夏休み特別企画として一気に更新します!

(一気にやっちゃうと6月分と7月分にわけます)

 

■イシダカクテル締めの1杯とは...

 本放送で人気のコーナーのラジオドラマ【イシダカクテル】

そんなコーナーを編集するディレクターが勝手に本編の続編を妄想してしまうといったブログオリジナルのコーナー(短編恋バナ)です。

最近は、本編がわからなくても、この締めの1杯だけでも、楽しんでいただけるようにしております。

 

今回は6月の未公開分、締めの1杯×3本!!

3杯分です!!

 

6月のカクテルテーマはジューンブライドにちなみ「結婚」

(写真は6月収録時の石田さんと吉田マネージャー)

結婚しようよ After Story 締めの1杯(6月12日オンエア)

やっと言えた。
彼女にやっと言えた言葉。

「結婚しよう」と。

ただ、プロポーズはこれで終わっていなかった。

彼女に伝えた夜が明け、僕はいつもの香ばしい匂いで目が覚めた。
サニーサイドアップの目玉焼きとこんがり焼けたトースト。
今朝は目玉焼きが、いつもより1つ多く焼かれていた。

女性「おはよ。今日は気合を入れるため1つ多めに作ったよ」

今日は彼女のご両親に挨拶を行く日。

女性「それで、もう挨拶の言葉は決まった? 毎日結婚しようなんて言ったら驚くよ、きっと」

彼女は、昨晩の僕の言葉を使い、いたずらっぽく笑った。

この日が来るのは、前からわかっていたが、いままで彼女に伝える言葉ばかりを考えていた。

さて、どうしたものか。

はっきりとした言葉で彼女のご両親には伝えようと決めている。
どのようなリアクションが返ってくるかなんてわからないけど、その答えもわからない。
明らかにいつもと違う雰囲気を彼女は察していた。

女性「いつも通りで」

もう1つのプロポーズへ。
淹れたてのコーヒーに、いつもは入れない砂糖を加えた。

>> 続きを読む

2014.06.13[Fri] 00:00

団長です。

 

今回の報告はタイミング的におかしいですが、6月5日分の報告となります。これで追いついたから!ごめんなさいね!ばたばたしちゃって!

最近自分の団体である男肉のことばかり書いていて申し訳ないんですが、ゲストは男肉の公演に出てもらっている和田聖来です。福岡出身ということで凱旋公演…っていうとちょっと大げさですが本人的にも地元で出来るのは嬉しいみたいでなによりですね。

さてさて。例のアレいっときますか。宮Dの締めの一杯!

 

見知らぬ女 締めの1杯 After Story

---------------------------------

仕事が立てこみ、久々にやってきた。

男性「マスター、ジントニックを」

猛暑と多忙を和らげるマスターのジントニックは今夜も最高だ。

マスター「ところで、最近見かけないうちに、あの娘が来ていたよ」

男性「あの娘。。。」

気づいていない僕のリアクションの横で、マスターは話を続ける。

男性「あぁ、あの娘。。ですね」

僕から見れば年上の女性でも、マスターからすればあの娘になる。

マスターは改めてという感じで、話をふりだしに戻し、話し始めた。

マスター「あのあと、ひとりでやってきて、今夜の君と同じようにジントニックを飲んでいたよ。そして、これからのことについて話を続けた」

名前も知らない彼女は、旦那の仕事で急遽海外へと引っ越しをしたみたいだ。

マスター「彼女は言っていたよ、男には、忘れられないふたつの味覚があると」

男性「ふたつの味覚?聞いたことないな」

マスター「ひとつは、その男を育てた味。これは、おふくろの味ってことかな。そしてもう1つは、その男を支える味。これは、男を虜にする味みたいだよ」

その話を聞きながら、彼女があの朝に作ったハンバーグステーキの味がよみがえってきた。

男性「確かに」

マスターは僕の言葉に意味ありげに含み笑いをし、僕はマスターの意図がわかり、彼に嵌められたことに気付いた。

---------------------------------

 

結局、ビッチの話やったんやな。これ、ビッチの話やったんやな。

2014.06.10[Tue] 18:00

やあ。ごめんね。死ぬほど更新が滞って…。こちヨロ作家の団長です。ぞっとするけど、この報告は5月29日オンエアー分なんだ。明日、明後日とでうまいこと追いつくようにするから非常に申し訳ない。本当は一気にまとめて一つのブログで更新したいんだけどね。こうなってくると。そうもいかないのよ。

 

だって、世界で俺が一番楽しみにしてる例の企画が最後にあるからさ。

 

 

 

酒井さん特集。僕のカンパニーである男肉で酒井さんと日々ダンスしております。ちなみに写真はムカつく顔の石田さん。福岡公演では石田さんがゲストで来てくれるよ!あのスターに触れ合うチャンスだ!

さて!お楽しみのこの企画、宮Dの締めの一杯!

 

 

月に1番近いバー 締めの1杯 After Story

-------------------------------------

仕事を終えた彼女から連絡が入った。

女性「月の見えるバーで待ってるわ」

地上で育った僕にとって、ここでの生活は、まだ不慣れなものだ。

上空約40万キロメートルの新生活。

上空も足元になってしまうこの空間で、なんでも話せる彼女の存在は今や僕にとってかけがえのない存在になりつつあった。

女性「お待たせ」

僕が到着して、すぐに彼女もやってきた。

女性「今日、とても面白いものを見つけたの」

そういって彼女が差し出したのは、かつて宇宙に夢を描いた人々の物語だった。

その昔、地球が丸い球体と知らなかった人もいる。

その昔、ニュータイプと呼ばれた伝説もある。

その昔、宇宙に限りない希望を抱いたものもいる。

彼女は、突然僕に質問をしてきた。

女性「彼らからしたら、私たちはどこへでも行ける。あなたならどこへ行く?」

男性「過去かな」

僕の答えは彼女にとって意外だったのだろう。

彼女は僕の顔を覗き込んだ。

僕は続けた。

男性「どこまでもこれから君と、どこか遠くへいける。だけど過去に戻れれば、君との時間がもっと増えるだろ」

彼女は微笑み、窓の外に流れ星が流れた。

-------------------------------------

 

酒井さんのスペースオペラカクテルに宮Dの妄想が加わったらとんでもない代物になった。

 

その昔、地球が丸い球体と知らなかった人もいる。

その昔、ニュータイプと呼ばれた伝説もある。

その昔、宇宙に限りない希望を抱いたものもいる。

 

 

完全に真ん中ふざけとるな!でも好きだぞ!フィンファンネル!

2014.05.28[Wed] 00:00

どうも。団長です。最近遅くなりがちの報告で申し訳ないです。こんなこと言うのは宣伝であれなんですけど、ただ今団長こと僕が主宰してる男肉duSoleilというダンスカンパニー本公演が迫っているのです。っていうか、明日から本番なんです。京都で。来週は東京。そして6月20,21は福岡でやりますよ!

 

えー、若干こちヨロとは関係ないのですが…いや、ないってこともないんですが福岡が好きすぎてね。どうも僕の胃袋は福岡の食べ物ビンゴすぎたっつーか。マジでやばいっすね。僕は普段京都にいるんですが、大体の人が東を向くんですよね。その、精神的にというか。僕もそうでした。やっぱ東京と戦わないと的な。でも僕こちヨロ始めてから西を向いてるんですよねえ。いやいや、熱いっしょって。こちヨロってそういうことなんだなと。石田さんもそういうことなんですよ。もちろん、福岡だけでなく九州全部チェックしたい!

 

演劇だって盛んですよね。演劇祭だってビッグだし、今度フィリップドゥクフレも来るし。熊本では天野天街さんの芝居もあるわとか。全部行きたいよ。熱いって。今後熱くなるのは西だって。HIPHOPで言うならLAですよ。西海岸ですよ。

石田さんは最近ゲストトークが昔に比べて上手くなってる気がします。ゲストをいじるとかじゃなくてゲストの話を受けて感情を出すのが。僕は偉そうに何を言ってるんでしょうか。

さて。宮Dいってみようか!締めの一杯!DJ針落とせ!

 

恋のレシピ 締めの1杯 After Story
---------------------------------
マスターは、次の1杯を作りながら、話の続きをした。

マスター「バー・スプーンで魔法をかけることができるんだ」
男性「曲げたり?ひねったり?」
マスター「いや、その手の魔法は。。」

マスターは言いかけた言葉とともに微笑んだ。

マスター「僕らはカクテルを作るときにステアするだろ。そのステアに魔法をかける
んだ。ほら、こんな風にね」

マスターは手慣れた手つきでステアをする。
バー・スプーンは、まるで魔法のスティックのように動く。
カクテルが輝きだす。

男性「どんな魔法をかけたんだい?」
マスター「それは企業秘密だ」

出来上がったカクテルをマスターがひとりの女性にサーブする。
マスターとの長い付き合いの中で、彼女がマスターのタイプであるのは明白だ。

女性「おいしいわ」
---------------------------------

 

宮Dのって、小説なんですよねえ。なんか、今回のってほんと三人称の小説。今度、すばる小説大賞とかに送らせようかな!賞取ったりして!

2014.05.21[Wed] 00:00

また遅くなってしまってすいません!ちょっと戒めます。こちヨロ報告書です。

 

ちょっとあたふたしておりまして。すべては言い訳ですね。石田さんにぶん殴ってもらいます。ごめんなさい!

ゲストは上野さんです。収録前に喋るの苦手って言いながらいざ始まるとデンプシーロールのごとく収まることを知らないトークでした。ごっつぁんです!

さてさて。西日本で僕以外7人ぐらいが楽しみにしているこのコーナー!宮Dの締めの一杯!

 

恋の言葉 After Story 締めの1杯
----------------------------------------

男性 「はじめまして、あのときは。。。どうも」

彼女はあの時と同じように、一瞬目を閉じた。

まつ毛の長い彼女の目元はあの時のままだ。
彼女は、思い出に浸るように、ゆっくりと目をあけた。

女性 「きっと、みんな恋の形は違うのね」
男性 「誰かが誰かの恋はマネはできないよ」

彼女は僕の言葉に反応するようにバーテンダーを呼びカクテルをオーダーする。
女性 「コスモポリタンを1つ」

コスモポリタン。。世界共通という意味を持つカクテル。

女性 「形は違うけど。。恋をすることは、いつでも、どこでも、誰でも。。」

美しい赤味のカクテルを前に、彼女は笑みを浮かべカクテルをじっと見つめた。

女性 「カンパイ?」
問いかけるように、僕にグラスをむける。

男性 「乾杯」

一口カクテルに口づけした彼女は、グラスを置き何かを確かめるように僕の目をしっかりとみつめた。

女性 「悲しい少年さん、よろしくね」
僕はその言葉に、はにかんだ。


----------------------------------------

 

コスモポリタン。ほお。久々に宮Dをビンタしたくなりました。

2014.05.11[Sun] 15:00

どうもみなさん。こちヨロ報告書の時間です。

 

石田さんは大学の友達から演出家みたいなメールが来たと話してましたが、大学の友達って一生の友達っていいますよね。僕は自分の劇団員が大学の友達なのでもしも喧嘩して解散とかしたら一生の友達がゼロになっちゃいます。そうなったら寂しいのできっと石田さんに八つ当たりしちゃうでしょうね。テンプルにいい右フックを入れちゃうと思います。

ゲストはAMCF糸山裕子さんでした!

 

福岡演劇フェスティバルに僕も呼んでほしいです。心から。

さてさて。全国48人が楽しみにしているこのコーナー、宮Dの締めの一杯!

 

綺麗なシャツの畳み方 After Story

-----------------------------------------------

気が付くと、時刻は1時をまわり、今日が昨日へと変わっていた。

バーカウンターの丸氷は、角が取れ小さな球体へと変わる。

昼間から降っていた雨も、いつの間にかやんだみたいだ。

変わらないのは、休日気分の僕だけか。

小説の結末は最後のページをめくるまではわからないと彼女は言った。

そんな彼女は、何も言わず僕のもとを去った。

最後のページがどこにあるかも記さぬままで。。

あの夜の、あのままの部屋へと帰る。

このまま朝を迎えても何も変わらないのだろう。

シャツを脱ぎ捨てた僕は、今夜もそのままの状態で眠りにつく。

シャツのしわの分だけ、僕は明日へと大人になる。

-----------------------------------------------

 

シャツのしわの分だけ、僕は明日へと大人になるってどんな顔で書いてるんやろ。宮D。モニタリングしたい!ちなみに、角が取れ小さな球体へと変わる。ってのは時間の経過をあらわすいいパンチラインです!87点!

2014.05.07[Wed] 18:00

申し訳ありません!団長です。

 

先週の報告、まさかの報告したつもり詐欺になってました。つまり、報告できてませんでした。明日が放送だってのに先週分の報告を今日……すなわち明後日には今週分の報告もあり、つまりどういうことかというと申し訳ありませんってこと!

 

ほんとに申し訳ない!

 

ガタガタ言ってもあれなのですが…ゲストのこともありますがまたそれは明後日にしっかりと書きたいと思います。ならなんで今日こんな遅れた報告をしているか。それは、こればかりはサボれないから。そう、宮Dの締めの一杯。

 

山桜 After Story

-----------------------------------------

後ろ髪が少し伸びた彼女と、再びここへやってきたのは、3か月ぶりのことだった。

彼女「桜が見たいなぁ」

彼女のつぶやきで桜のことを色々と調べるうちに

七夕笹飾りライトアップのことを知った。

彼女「きれいだねぇ」

境内に奉納されている色鮮やかな短冊が、

ライトアップにより彩を増す。

夏の夜風が、ヘアゴムでまとまった彼女の後髪を靡かせる。

まるで今夜の彼女に、縁結びで知られる貴船神社の神様が、いたずらをしているように。

彼女「きっと、きっとだよ」

恥ずかしさを隠すように、僕にではなく短冊に話しかける彼女。

先ほどより少し優しい風が、僕らを包みこむ。

-----------------------------------------

 

これ、宮Dが今までで一番産みの苦労を感じた一杯なんだって。なのに、ごめんね。遅れちゃって。

2014.04.25[Fri] 12:00

どうも。今週も報告の時間です。団長です。

 

オープニングで上手く踊れないだのなんだのと吠えていた石田さんですが、僕の演出で踊ってたのになあと。拳を固く握って頬にぶちこんでやろうと思いましたが、写真の通り僕らは仲良しです。でも甘やかすとロクなことはないので構成作家として今後も甘やかすことはなく、お箸の持ち方が悪いぐらいのことでガンガン鉄拳制裁していこうと思っています。

 

ちなみに写真の場所はカフェテコさんです。もう美味しいご飯を食べていいムードの中まったりすることで英気養いまくりです。僕らは普段京都なのですがカフェテコ京都にほしい。もしくは福岡に住みたい。

さて。毎週僕だけが楽しみにしてるこのコーナー。

 

宮Dの締めの一杯!

 

長い別れ After Story

-----------------------------------------

マスターにとっての至福の時。

それは、グラスを洗い終わり、店でたったひとり、煙草に火をつける瞬間である。

小さな店の、たった13席のドラマ。

いつも予測がつかない、このドラマは、マスターのつくるカクテルの最高の隠し味だ。

「素敵なふたりの、素敵な別れ。」

今宵の隠し味は、マスターにとっても少し強いカクテルだった。

くわえた煙草の味が、今宵は、やけに苦い。

マスター「さて。。。」

バーカウンターの長椅子から席を立ち店内の電気を消そうとしたところ

マスターの携帯が光を放つ。

「まだ、大丈夫かしら。。」

先ほど店を後にした女性からのメールだった。

「ええ、もちろん」

マスターは、一言メールを送りバーカウンターへと戻った。

「明けない夜はない」

バーカウンター内にはられているメモを確認し、彼女を朝日とともに待つことにした。

-----------------------------------------

 

ふむ。

 

小さな店の、たった13席のドラマ。

いつも予測がつかない、このドラマは、マスターのつくるカクテルの最高の隠し味だ。

 

の部分を書いてる時の宮Dの顔を見たいな!

DJ紹介

  • 石田剛太 (ヨーロッパ企画)
  • Gouta Ishida (Europe-Kikaku)
  • いしだ ごうた
    1979年6月3日生まれ、愛媛県出身
    俳優/ラジオパーソナリティ
    趣味/写真・ラジオ鑑賞
    特技/バレーボール

    99年、第2回公演よりヨーロッパ企画に参加。以降、ほぼ全本公演に出演。
    多数の外部出演にくわえ、イベントでのMCや、ラジオパーソナリティとしての活動も多い。
    また、「ヨーロッパ企画の暗い旅」などのバラエティでも活躍。

番組ページへ

リクエスト&メッセージ